ぜひ、皆さんも薬草を活用し、健やかに、そして美味しい生活を送ってみませんか?

丹波市山南町は、江戸時代から続く全国でも有数の薬草の産地です。しかし兵庫県の方でもその事実を知らない方が少なくありません。
兵庫医療大学薬活オウルズは、平成29年度から、兵庫県「大学等との連携による地方創生拠点形成支援事業」に採択され、薬草をもっと日常的に取り入れ、健康な生活を送っていただけるよう、薬草についての学びの場や楽しいイベント、美味しいイベントを企画し、さまざまな商品開発を進めています。 薬草をテーマに地域と地域、人と人が交流することで、丹波市山南町の当帰や、町のシンボル「橘」を広く周知し、薬草産地の活性化に繋がればと願っています。

 

当帰とは

山南町は、「当帰」の産地です。当帰は、昔から薬用として栽培される芳香性のあるせり科の多年草植物で、漢方では、その根が婦人病薬の主薬として配合されています。
根は、薬事法でその扱いが規制されていますが、葉にも芳香成分があり、その効果に今注目しています。大学では、葉を広く活用する活動をしています。

  • 当帰の葉を食す。
  • 当帰の葉で癒される。

さまざまな形で生活に取り入れることで、健やかに元気になりましょう。

薬草「当帰」でアンチエイジング!?

当帰の根は、古来より血の巡りを良くするなど、特に女性の体に良いとされる生薬の原料です。
当帰のいわれは、
妻が婦人病になって、「薬草・当帰」を飲んだところ、すっかり改善し元気になりました。そこで、去っていった夫に言った「夫よ、まさ(当)に我がもとに帰るべし」が当帰の語源と言われています。
当帰はその葉にも、根と同様にさまざまな栄養成分があり、昨今入浴剤、お茶はもとより、調味料をはじめ、パンやうどんの練り込み材料として活用が広がってきています。兵庫医療大学でも、トウキの葉の機能について研究、商品開発をしています。

 

当帰苗を育てよう

新しい食材「当帰」苗のポット売りスタート

丹波市山南町は江戸時代から大和当帰を栽培する薬草産地として有名です。
このたび丹波市山南町とうき生産部会の協力を得て、大和当帰の苗ポット売りを開始しました。
当帰葉を食された方から、「ぽかぽかした」「温まる」などと感想が聞かれています。
根は薬事法などでその取扱いが規制されていますが、当帰の葉を育ててお料理などに活用しましょう。
 

当帰葉を食べよう

食材としての当帰の葉

ちょっとくせになるジャパニーズハーブとでも呼びたい新しい食材です。
葉はセロリに似た特有の香り。
はじめは、くせがあるけど、生で良し、ドライで良し、さっと湯がいても良し。
いろいろなお料理に利用できる女性の味方となる薬用植物です。
(香りに抵抗がある方もいらっしゃいます)
 

大学が企画した当帰葉商品のご紹介

兵庫医療大の大学院生が描いた壁面ペインティングの絵がとてもファンタジックで素敵だったので、商品のラベルに活用しました。
「橘の実から当帰が葉が伸びて、生き物たちと楽しそうに花を風に揺らせています。」

商品

  • とうき葉うどん
  • とうき葉塩 とうき葉ふわり塩
  • とうき葉ぱん
  • とうき葉うどん450円(税込)
    (丹波製麺所)
  • とうき葉塩450円(税込)
    (薬草薬樹公園・リフレッシュ館)
  • とうき葉ふわり塩450円(税込)
    (薬草薬樹公園・リフレッシュ館)
  • とうき葉ぱん(アンパン)150円(税込)
    (薬草薬樹公園・リフレッシュ館)

イベント商品
(当日のみ販売)

  • とうき葉ぱん
  • とうき葉ぱん 中身
  • とうき葉ぱん(カレー風味)
    110円(税込)
  • とうき葉ぱん(カレー風味ウインナー入り)
    140円(税込)